音樂無國界,歌迷有國籍;VR是興趣,翻譯是職業


宅女作者

モリンノ

Author:モリンノ
一个不懂装懂的混蛋
座右銘:愛他就要黑他
特徵: 難得一遇的“雙子+AB”
個人說明:
本命:ギルガメッシュ
別格:
LUNA SEA
cali≠gari
MERRY
lynch.
摩天楼オペラ
バロック(?)

特別說明:除以上盤,其他樂隊一概密碼。

お笑いが大好き!

偽飯一個、胡言亂語、一家之言



~AD~



『メリー』



~俺家的Mori 俺来W~



文章分类



用户标签

膚淺萌男人 LIVE参战 J系音乐志 囧圖 大切なこと 爱他就要黑他 不負責任樂評 翻譯 腐女日志 ムック LIVE參戰 90年代的一些事一些情 LUNASEA ??羞肴???隙査 



コメント



官网 + 好友

管理者ページ



~INORAN~



Official Blog

LUNA SEA Girugamesh Blog Girugamesh Staff Blog kannivalism Blog 自由気ままに気の向くままに



加为好友

和此人成爲好友



CRUSH!2-90’s V-Rock best hit cover songs- 有些歌不是喜欢就能唱的!(内含恶毒评论,慎入)

继续阅读

无聊留个档
一个普通的早晨,我翻墙看natalie news某条news时实在笑喷。决定博客留个脚印,以作日后自娱自乐用。


原文こちら

ムックニコ生でミヤ×浅倉大介、逹瑯×ヒャダイン奔放トーク

昨日11月12日、ニコニコ生放送でムックの特別番組「逹瑯とミヤ、たまにムック。」が配信された。

これは11月23日にリリースされるシングル「アルカディア featuring DAISHI DANCE」の発売を記念して企画されたもの。番組では逹瑯(Vo)とミヤ(G)がMCを務め、「特別ゲストとの対談」「新曲ビデオクリップニコ生初公開」「ユーザーとニコニコ生電話」という3つの公約を実現させた。

配信が始まると、まずは2人が番組の趣旨を説明する。レギュラーラジオを持つ逹瑯はリラックスした表情だが、ミヤは慣れない生放送に緊張している模様。「緊張する。対談がとにかく怖い……」と口にすると、逹瑯は「こんなに緊張してるリーダーを見るのは初めてかも」と笑っていた。

ゲストを招いた対談第1弾では、ミヤと浅倉大介(access)がトーク。「変な汗が出てます」とつぶやくミヤに対し、最近までニコニコ生放送でレギュラー番組を持っていた浅倉は「いいね(笑)。今日はまったりいこう」と先輩らしい言葉をかけていた。

そんな2人の対談のお題は「音楽クリエイティブトーク」のはずだったが、なぜかお酒の話をきっかけに、人間ドックのエピソードで盛り上がってしまい、途中で浅倉が「今日は音楽の話をするんだったよね?」と心配する有り様。その後は音楽話にシフトし、作曲方法や機材などアーティスト同士ならではの話題が展開された。5年前からパソコンで作曲するようになったというミヤは、それをきっかけにダンスミュージックに開眼したことを告白。浅倉はそれを受けパソコンで作曲する利点や、ダンスミュージックの魅力を語り、エレクトロテイストのムックの新曲について「バンドとしての音が底辺にありながら、隙間隙間にシンセのアプローチが入ってて面白いよね」と評した。さらに2人の会話はヒートアップしていくが、盛り上がっているところでタイムアップ。ミヤは「えっ!? もう時間なの?」と話し足りなそうな表情を浮かべていた。

続いては逹瑯が、打ち合わせの段階で「これはイケる人だ!」と思ったというヒャダインと「エンタテインメントトーク」をお題に対談。この日が初対面の2人だったが、同世代であることや、実家が自営業であること、会社員経験がなくボーナスに憧れているといった共通点が発覚し、話は終始大盛り上がり。逹瑯がヒャダインが気になり始めたきっかけというももいろクローバー「ココ☆ナツ」の魅力について「サビがしっかりしてるのに、『ココココ』しか歌ってないのがすごい! あれで印税もらってるとか腹立たしい(笑)」と絶賛すると、ヒャダインは「第2弾作ったんです。『サンタさん』って言うんですけど、サビが『サンサンサン』しか歌ってないんですよ」と自身が作ったももクロの新曲をアピールする。また話はムックの新曲にもおよび、ヒャダインは「めちゃめちゃカッコいいっすね」とお気に入りであることを明かした。

また中盤では「アーティストとして最終的に何を表現したいのか」という話題に。2人は「何をしたいとかってない!」という意見で一致し、「年をとったあとに、『こうなっちゃった」ってほうが面白くない?」と共通見解を述べていた。最後は男子らしく、モテトークやきわどい下ネタで白熱した逹瑯とヒャダイン。対談終了がスタッフから告げられると、ヒャダインは「もう帰らなきゃいけないんですか?」と逹瑯との別れを惜しんでいた。

対談コーナーが終わると、2つ目の公約である「新曲ビデオクリップニコ生初公開」に移り、逹瑯が「リーダーが手を広げているところが見どころ」と語る「アルカディア featuring DAISHI DANCE」のPVをフルサイズで配信。さらに最後の公約である「ユーザーとニコニコ生電話」では2人のファンとトークし、「誰に似てるって言われる?」「リア充?」「仕事何してんの?」「カラオケでいつも何歌うの? 今、歌ってよ!」「パンツ何色?」といったあらゆる質問を浴びせかけた。

そしてミヤと逹瑯がすべての公約をこなし、番組も終了間近というところでSATOち(Dr)とYUKKE(B)がサプライズで登場。タイトルの「逹瑯とミヤ、たまにムック。」が実現した形となった。2人は別室で配信を観ていたことを明かし、「観ててめちゃ面白かった。逹瑯がニヤニヤしちゃうって言ってたのがわかる」(SATOち)、「対談面白かったよ。ムックはニコ生が似合うと思う」(YUKKE)と感想を述べ、番組を締めくくった。

なお、ムックは「アルカディア featuring DAISHI DANCE」発売前日の11月22日に再びニコニコ生放送に登場。今度は「ムックの新曲フライングゲット祭り」と銘打ち、原宿ニコニコ本社のスタジオで4人揃ってトークを披露する。番組ページに掲載中のモバイルサイトでは、観覧希望者を11月16日まで募集している。

さらにシングル発売当日の11月23日には、渋谷をムックのラッピングバスが走行。一定時間にメンバーがバスに乗ることや、Twitterを使った特別企画も決定している。詳細は後日アナウンスされる。

---------------吐槽分割线-------------------------

农民这个团“存在即有喜感”。现在连第三方记者新闻稿都写得那么有娱乐感!!居然用一大段(大概五分之一的篇幅)描写ミヤ“灰常紧张”。。。可见ミヤ真的很紧张ww